タブチェア|英国アンティークの家具なら鎌倉アンティークス


本日はこちら。1910年に作られたタブチェアです。


タブチェア(Tub chair)とは、文字通りバスタブの『タブ型』のことで、背面とアーム部が弧を描いたデザインのチェアのことをいいます。諸説ございますが18世紀に登場し、当時上流階級の間で流行、ドローイングルームに配置するのが定番だったと言われがございます。優れたデザイン性と座り心地の良さで、現代家具においてもデザインが受け継がれています。


こちらのタブチェアは背面とアーム部に伝統的なボタン留めが施された堂々とした佇まい。マホガニーの経年変化による木の風合いも味わい深く、全体のフォルムも格調高い雰囲気で溢れています。包みこまれるような座り心地も良く、デザインと機能性ともに素晴らしいクオリティです。



リビングで自分専用の特別なチェアとして、寛ぐのにもぴったりなチェアですが、書斎や応接室に配置してシャーロック嗜好な渋い空間作りにもいいですね。英国製のハイクオリティなアンティークチェアをお探しの方に、ぜひともおすすめしたいひと品です。


詳しくは鎌倉アンティークスのオンラインストアにて、KAG1134 で検索してください。




#ロンドン #英国 #イギリス #英国アンティーク #アンティーク家具 #ロンドンタクシー #大船 #鎌倉 #英国アンティークコーディネーター #鎌倉アンティークス #アンティーク #マホガニー #タブチェア



カテゴリー