バルーンバックチェア(1890年代製作)のご紹介|英国アンティークの家具なら鎌倉アンティークス

本日はこちら。1890年代につくられたバルーンバックチェアです。


ビクトリアン バルーンバックチェア

バルーンバックチェアとは、この背もたれのフォルムがバルーン(気球)のような形状をしていることから名付けられたと言われています。滑らかな曲線が自然に身体に馴染み、ゆったりとくつろげるチェア。

こちらの1脚は、背もたれには装飾を加えずシンプルに、マホガニー材のパティナ(古艶)、そして優雅な曲線美が映えるデザイン。ファブリックはレッドのベルベットに張り替えており、ダークブラウンの木部と相まって、上品な雰囲気を醸し出しています。 客間や窓辺のカフェチェアとしてはもちろん、自室のちょっとした腰掛チェアやディスプレイとして、雰囲気を活かす様に飾りたいチェアです。 詳しくは鎌倉アンティークスのオンラインストアにて、KAG0821 で検索してください。



#アンティーク #ロンドン #英国 #イギリス #英国アンティーク #アンティーク家具 #ロンドンタクシー #大船 #鎌倉 #英国アンティークコーディネーター #鎌倉アンティークス #バルーンバックチェア #猫脚 #サロンチェア

カテゴリー