アームチェア(1890年代)のご紹介|英国アンティークの家具なら鎌倉アンティークス

本日はこちら。ビクトリア時代後期につくられたアームチェアです。


アームチェア(1890年代)

1890年代製作のアームチェアを、近年ウィリアム・モリスの生地へと張り替えたお品。130年近く経ったオーク材の風合いと、落ち着いた印象のファブリックが見事にマッチしています。


チェアの格式あるフォルムに、適所に配された装飾が英国らしい見事な佇まいですね。さりげなく用いられた曲線も良いアクセントとなっていて、側面や背面から見ても美しい姿です。

ファブリックのパターンは1871年にデザインされた『ブランチ』。リーフ模様はシンプルながらバランスが秀逸で存在感があり、そこにあるだけで絵になりますね。



広い座面とアームレストでゆったり寛げますのでリビングに置くのもよし、玄関ホールなどに置いてインテリアとして愉しむのもおすすめですよ。

芸術品を飾るように英国アンティーク家具をお楽しみいただけるひと品かと思います。


詳しくは鎌倉アンティークスのオンラインストアにて、KAG0765 で検索してください。


▶ウィリアム・モリスについて知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

ウィリアム・モリスとアーツ・アンド・クラフツ運動|「人・物」を引き継ぐウェブマガジン NO ANTIQUE NO LIFE



#ロンドン #英国 #イギリス #英国アンティーク #アンティーク家具 #ロンドンタクシー #大船 #鎌倉 #英国アンティークコーディネーター #鎌倉アンティークス #ロンドン

#アンティーク家具 #アームチェア #ウィリアムモリス #ホールチェア



カテゴリー